緒方恵一 Keiichi Ogata

日本大学芸術学部で映画を学んだ後、英国ロンドンのアーキテクチュアル・アソシエーション(英国建築協会付属建築学校/通称AAスクール)で、パスカル・シェーニング教授に師事し、映画的建築論(Cinematic Architecture)の研究により1996年AAディプロマ優等学位取得(AA diploma hons)。建築設計事務所Ushida-Findlay Architects (東京およびロンドン事務所)などで建築実務経験。東京大学、明治大学、専門学校で非常勤講師として、また英国やカナダなどで客員講師として、建築、映画、美術、シナリオ論等を教えると共に、これらに関する執筆もする。2004年、東京でインサイト都市空間建築事務所を設立、建築設計、建築空間企画プロデュースを始め、都市計画、インテリアデザインおよび企画を手がけている。また、芸術文化、環境、による地域まちづくり活動、東日本震災復興支援など、人と人をつなぐまちづくり(コミュニティ・デザイン)にも関わることで「建築」や「建築家」 という考えを広義に捉え、現代都市や社会に何をなすべきかを考えながら活動している。
2009年に、前述の映画的建築論の更なる探求を目的に、建築・都市計画・映画・アートの手法および表象文化論を融合させた研究団体、シネマティック・アーキテクチャ東京を立ち上げる。
また、長らく作り続けている都市や記憶をテーマにした映像作品はオーストリアをはじめとするヨーロッパ各国や米国の映画祭に選出、上映され、なかでもエッセイ映画(シネ・ポエム)『光から沈黙へ、沈黙から光へ Hiroshima Through Light』(1996)は、脚本作品シナリオがアメリカ文学誌に掲載された。

シネマティック・アーキテクチャ東京 アーカイブ

インサイト(建築/都市計画)

 

緒方恵一に関する活動

映像

『月と雲』(2002)vimeo
『キオクノシズク』(2000)
『鏡の中のゴースト』(2000)アン・マリー=クリーマーと共同制作
『CITY-NESS 1』(1998)
『アントニオーニ 転換の視線』(1996/2017)vimeo
『光から沈黙へ、沈黙から光へ〜Hiroshima Through Light』(1995/2018)vimeo
『消失に関する3章の映画』(1994/2015)vimeo
ほか

展示・作品上映(正式出品)

「YATAI HERE YATAI THERE〜東日本大震災の小さな記録」2012(ロンドン建築フェスティバルLondon, UKおよび宮城県南三陸町)
シンポジウム「キノテクチャー」Kinotektur, Oslo School of Architecture and Design and Norsk Form, at Villa Stenersen, Oslo 2010(Oslo, Norway)
ノマド~Sとのdance+videoコラボレーション 2009(東京学芸大学)
ホープ&ドリームス映画祭 2001(Hope, New Jersey, USA)
モーブ映画祭 2001(Mobe, Utah, USA)
BANブリティッシュ・アート・ナウ 表参道ギャラリー 2001(東京)
AD & Aギャラリー 2001(大阪)
BANブリティッシュ・アート・ナウ ギャラリー青山 1999(東京)
AAスクール(英国建築協会付属建築学校)150周年記念作品展(London, UK)
The Architecture of Spaces of Thought 1998(Graz, Austria)
シンポジウム「21世紀の建築教育Architectural Education for The Third Millenium」1998(Nicosia, North Cyprus)
Film + Arcビエンナーレ 1994, 1996(Graz, Austria)
ほか

講演・シンポジウム(パネリスト)

「動機の源」2019(マギル大学、Montréal, Canada)
シンポジウム:「映像と建築教育What is Cinematic Architecture?」2009(AAスクール, London, UK
シンポジウム:「The Catalytic Commoning 建築と都市デザインへの建築的アプローチ」 主催: 九州大学大学院芸術工学研究院 2006(六本木デザインハブ)
シンポジウム:「未来の都市」全国まちづくり会議2009/日本都市計画家協会(川崎市)
「作品紹介」Electric Cinema 2001(London, UK)
「小津安二郎の描いた風景と建築」講演およびワークショップ 2002(Wiltshire Literature Festival. Cre8 Studio, Swindon, UK)

非常勤講師/客員講師・分野

McGill University, Montréal, Canada 2019(客員)建築、都市計画および美術
Leeds Beckett University, Leeds, UK 2017(客員)建築 Kingston University, London, UK(客員)建築
明治大学工学部建築学科(客員)建築
東京大学工学部建築学科(非常勤)建築
東京工科専門学校(非常勤)建築
アーツカレッジヨコハマ(非常勤)1998-2013 シナリオおよび映像制作

執筆

青山学報[231] March 2010(青山学院大学)
Cinematic Architecture (Architectural Association Press, UK) パスカル・シェーニング著
10+1 No.19 『映像作家たちの捉えた都市模様ー’90年代の都市映画』(INAX出版)
建築雑誌2001年9月『異分野訪問:都市を見ること』(日本建築学会)
SD9811『フレデリック・ワイズマンの捉えた場所、空間あるいは欲望』(鹿島出版会)
AA FILES No.32 AUTUMUN 1996『AA Diploma Honors 1995-96』(Architectural Association Press, UK)

作品掲載誌

Drawing the Line of Thought (Architectural Association Press, UK)
MANOA 13:1〜 『映画シナリオ光から沈黙へ、沈黙から光へ〜Hiroshima Through Light』 (The University of Hawaii Press, USA)
Time Out 31October – 7 November 2001 (Time Out Press, UK)
Japan Times, 30 September 2001
FILM FOLDOR 1995/3 (AKTION FILM, Austria) ほか

出演

ラジオ「パシフィック・タイム」KQED Public Radio FM (米国カリフォルニア州サンフランシスコ/2000)

論文

アントニオーニ: 転換の視線
G.W. パブストとパンドラの箱〜表現主義時代の光と影と闇の芸術・映画・建築の関連性

翻訳

『カラーリスト』小林重順著 1999(講談社インターナショナル)
SD9704『都市の記憶―P・シェーニングとディプロマユニット3』1997(鹿島出版会)